母親が入院中の5歳児の過ごし方・親が思うほど子供は弱くない

入院中の子供の様子

こんにちはおこめです。20代の頃から患っていた子宮内膜症がひどくなり、腹腔鏡で子宮全摘出手術をしました。子宮の日々を綴っています。これまでの日記は子宮内膜症闘病記から見る事が出来ます。

 

私が約1週間入院する時に一番心配だったのが子供の事

我が家の子供は保育園児5歳です。私の髪の毛を触りながらじゃないと夜眠れない子なので

 

寝不足で情緒が不安定になるのではないか

寂しい思いをするのではないか

 

それが一番の心配の種でした。

しかも、私が入院する病院は毎日お見舞いに来れる距離ではありません。

入院日が迫るにつれて、子供は「大丈夫」と言ってみたり「寂しい」と言ってみたり本当に心が揺れ動いていました。

入院する日の朝は気丈に振る舞い、保育園に向かいました。

でもその後ろ姿は少し泣いてたようでした。

スポンサーリンク

そしていざ入院。

私が本当に入院してみると子供は…

 

私のお見舞いより、遊びに行く事を選ぶという…

 

なんともたくましく、ドライな対応。

 

その上、夜もしっかり眠れていたと。

後に先生から入院中の子供の様子を聞くと、保育園でも特に変わった様子もなく元気に過ごしていた模様。

子供って母親が思っているよりずっとたくましいです。

安心したような、少し寂しいような… 私が親として成長するスピードより、子供の成長するスピードの方がずっと早いですね。

 

でも、結局私が退院した後は

やっぱり私の髪の毛を引っ張りながらじゃないと寝ない…

そんなもんですね。

 

コメント