【子宮内膜症治療日記】子宮摘出手術から1か月経過の体の変化

子宮摘出1か月後の身体

こんにちはおこめです。20代の頃から患っていた子宮内膜症がひどくなり、腹腔鏡で子宮全摘出手術をしました。子宮摘出までの日々を綴っています。日記は子宮内膜症闘病記から見る事が出来ます。

早いもので子宮摘出手術から1か月が経ちました。

スポンサーリンク

身体の変化は…

指毛が減った!!

ゆび毛ってゆびに生えてる毛の事なんですが、私は結構生えてたんですね。
夫と比べると、私の方が沢山生えてた(汗)

それが気が付いたら目立たなくなっていた!!

でも、これは子宮摘出とは関係ない気がする…

ホットフラッシュは収まってきています。

スポンサーリンク

手術関連としては

出血は少量が1日だけ。

ごく少量の出血がりました。

 

便秘が完全に治った。

スプレキュアのホルモン注射をしていた時は便秘がひどかったのですが、今ではすっかり治りました。

 

傷の痛みはないです。

腹筋しても大丈夫です。ただ、大きく伸びをするとおへその傷が「ピキッ」とつった感じになります。

手術後すぐは傷のせいかお腹が出っ張るように出ていたのですが、今は手術前に戻りました。

 

体重はお酒を控えたので、少し痩せました。

 

おこめ
おこめ

長年の尿漏れが治った

これは大きいですね。長年の悩みだった尿漏れが治った

 

膣の傷は溶ける糸で縫ってあり溶けるまで3か月かかるようです。

 

おりものについて

子宮摘出手術は子宮を取った後、膣の先端を縫い合わせます。

そこで気になったのが

 

おりものってなくなるのかな?

 

おりものがなくなれば、おりものシートもいらないし楽だなと思っていたのですが…

現在手術後2週間の時点で少しですがおりものはあります。

おりものは膣からも分泌されるそうです。おりものは子宮を取ってもあるんですね。

 

ホルモン分泌に関して

お医者さんの説明では、私の場合は卵巣が両方残っているのでホルモン分泌は今まで通りとのことでした。

私の年齢が40歳なので、まだ女性ホルモンは分泌されるだろうと。

手術の1か月前までホルモン注射で排卵を押さえ生理を止めていました。
その注射の効果が身体から抜けるのが、注射を終えてから2か月後位のようです。

10月の中旬頃最後の注射(スプレキュア)を終えたので、12月の中旬位には効果が抜けて排卵がはじまる感じです。

 

コメント