入院にあるとイイもの【腹腔鏡手術編】

入院中あると良いもの

こんにちはおこめです。20代の頃から患っていた子宮内膜症がひどくなり、腹腔鏡で子宮全摘出手術をしました。子宮摘出までの日々を綴っています。日記は子宮内膜症闘病記から見る事が出来ます。

私は手術前2日手術後3日合計5泊入院しました。

入院してみて、手術前と後では時間の過ごし方が違いました。

その点も踏まえて、病院で指示される入院用品以外に入院中あるとイイものを書き出しました。

入院日

私は手術2日前に入院しました。 入院中で一番暇な日でした。

何にもやる事がありませんでした。体も元気だし。

あるとイイもの

読み応えのある本

書き物・編み物など、時間をかけて手先を使える物・ゲーム

とにかく長時間没頭できるもの手術の不安を忘れられてイイと思います。

入院2日目(手術前日)

手術前日は手術前の診察、先生からの説明、浣腸など 案外やる事が多いです。

あるとイイもの

時間がとぎれとぎれになるので、集中したい本などは向かないと思います。

看護師さんに呼ばれても、さっとやめられる本(雑誌)などがイイと思います。

手術日

手術日は何もできませんので、なにもいりません…

食事はもちろん、水も飲めません。

手術後1日目

点滴が手についていたり、尿の管がついていたりします。

めまいがして長時間ウロウロできないので、ベッドの上でゆっくり出来るものが良いです。

テレビすら長時間みていられません。

あるとイイもの

私は、他の入院患者さんへのお見舞いの声などが気になりました。

イヤホンで音楽を聞いていました。

目も疲れないし、ゆっくり音楽が聴けるので良かったですよ。

手術2日目

点滴も取れて、ウロウロできます。

あるとイイもの

集中はできないので、雑誌とかちょっとしたゲーム位がよかったです。

音楽が聴けると周りの音が気にならなくて良いです。

スポンサーリンク

手術3日目(退院日)

退院の為の診察や、退院準備があるのでゆっくりもしていられませんでした。

私はテレビを見ながらコーヒーを飲んでいました。

病院から指示されたバスタオルや洗面用具以外ほとんど持って行かなかったのですが、なぜが退院時は荷物が多くなっていました。

あるとイイもの

退院時の荷物を入れる用に予備で大きめの袋を一つ用意しておくと良いと思います。

 

入院中の食事

おかずが薄味な上どんぶり飯のように白米多めなので、白米のお供(ふりかけ等)があると食事が楽しめると思います。
(塩分制限がある方もいると思うので、念のため食べ物は病院に確認してください)

長いようで短い入院生活。せっかくなので快適に過ごしたいですね。

病院によっても取扱いが異なると思うので、病院の指示に従って楽しい入院生活を送ってください!

 

コメント